個展を楽しもう

初めての個展の設営が終わりました。個展会場が決まって、会場のレイアウト、写真のセレクト、現像、プリント作業、マッティング、額装、DMの作成、印刷、発送、写真集の作成、設営のための搬入作業。去年の7月に個展が決まってから、ずっと準備をしていた感じです。全ての工程が初めてづくしで、いろんな方の意見を聞き入れながら進めていた訳ですが、一発で終わる工程はほぼなく、行ったり來たりの繰り返し。時間があっと言うまになくなりました。

 設営が終わった今、来ていただく方の反応が怖くもあり、楽しみでもあり。作品は全て自分で選んだ気にいった写真達。どれも愛情がありすぎて客観的には見れないテンションになってる気がするので、これあかんやろってダメ出しは大歓迎です。ちょっと凹むかもですが、それはそれ。気にいったと思ってもらえれば、それはそれで喜びます。
 
 今回のテーマは「Lifespeed」 生きる速さについて、車窓から見える流れ過ぎる風景の中に、視点の置き方によって時間の速さが変わる。そんな不思議な風景を撮りためた作品達です。オリジナルプリントを見て、どう感じていただけるのか? 是非是非感想を聞かせていただければと思います。
不思議なモノで、今日設営が終わって、まじまじと自分の作品を見ていた時に、これまでとは違う感覚がありました。個展が終わりに近づくにつれ、ゲストの方と対話すると、また違った感覚が芽生えるのかもしれません。

自分の個展を誰よりも楽しもうと思います。
お待ちしてます。

同時代ギャラリー(京都)
3/9−14

Life speed -Auomatism by shinkansen

みまつ ひろゆき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする