PANDAがやってきた

 車を乗り換えました。FIAT500からFIAT PANDAに。我が家にやってきたのはPANDA STREET4x4という限定車。3人以上乗るケースが増えたことと、写真の機材やら作品の運搬に、もう少し大きな車が必要になったからなんだけれど、軽自動車の規格からほんのちょっとはみ出す程度なので、十分小さい。

 納車の日に、お目にかかった我が家のPANDAは、ショールームの中の一番目立つガラス張りの部屋の中に。中に入ると、とっても照れくさい。納車に関する車や書類の説明を受け記念写真撮ってもらって盛大なお見送りされPANDAとの新しい生活が始まった。試乗した時は2WDのATモデル。我が家にやってきたのは、車高が高い4WDのマニュアルミッション。乗り味がだいぶ違います。FIAT500に比べると、ドタバタ感が少なくロールが大きめだけれど、しっかりと踏ん張ってもまだ余裕のある足回りの感じが、大人の味付け。1速が、やけにローギヤなので、ごろっと動き出すとすぐに2速へ。手首を返すだけで、シフトが決まるスポーティーさは微塵もない長いストロークのシフト操作。実用的なスピードでは、3速から5速を頻繁にシフトチェンジしてあげると楽しい。この車6速あるけれど、低いところでもしっかりとトルクがあるので、ズボラな運転でも大丈夫と懐は深い。

引き取ってから、2時間を過ごしてみて感じたこと。
・たっぷりとしたシートの具合がとても良い。
・FIAT500よりも回転半径が短いので、街乗りに便利。
・プラスティックだらけの内装も、貧乏くさくないのは流石。
・乗り心地は、意外とまろやか
・TwinAirのエンジン音は、それなりに騒々しい。
・オーディオは20年前の使い勝手。
・後席ウィンドウの昇降はマニュアルです。(^^;
・アイドリングストップは、マニュアル車にいるのか??
・シフトが、ちょっと渋いのは、最初だけ?
・ECOモードも、それなりにパワーあり
・ペットボトルホルダーにペットボトルが入らない、小さいぞ。
・給油口は、キャップレス。割り切りがすごい。・・。
・サイドミラーは、自動収納しない・・。

以前に比べれば随分とまるくなったイタリアンテイスト。だけど運転する楽しさは解ってらっしゃるって感じ。お国柄の価値観の違いに、思わず笑ってしまう車ではあるけれど、FIAT500で惚れ込んだTwinAirのエンジンフィールは、このPANDAでも健在。もしかしたらこっちの方が、あってるかもって思える。

いやはや楽しい。

PANDAのある生活、再びです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする