thinkTANKに満足

カメラのバック選びはキリがない。バッグは撮影条件や機材で変わるし、同じ場所に同じ機材を持ち込んでも、使い勝手や好みは人によって変わるから、万人受けする究極のバッグなんてないんだと思う。悩み出すとキリがないので、今あるモノを有効活用するという刷り込みを自分にしてます。僕の場合は、撮影がメインであったとしても、それだけで終わることがほぼないので機材だけ入ればOKとはならない。仕事のための資料、パソコン、宿泊用の着替えも詰め込まなくてはいけない。色々なバックを使い買い替えしていると、いつのまにかthinkTANKフォト製ばかりになりました。

・バックパックタイプのエアポート・エッセンシャルズ
・ショルダータイプのレトロスペクティブ30
・キャリー型のエアポートナビゲーター

レンズを何本か持つ時は、この3種類を単品、もしくは組み合わせで使ってます。とにかく丈夫で、カメラマンのことを理解したデザイン。ポケットの位置が絶妙で使いやすい。解ってるなぁって感じ。もうひとまわり大きめのキャリー型もthinkTANK製で良いかもって思うほど。バックが良くても、良い写真が撮れる訳ではないんだけれど撮影時の取り回しやすさは写真の質に関係する気がします。


当分はこれで満足!!
と自分に言い聞かせてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする