M.ZUIKO 25mm F1.2 PROが好き

 とっても好きで使い勝手が良くて普段使いしてる常用のレンズです。マイクロフォサーズはボケない。そんな巷の評判をバッサリと退けちゃう魅力がこのレンズにはあります。35ミリ換算で50ミリの標準単焦点レンズ。レンズは開放から2段ほど絞るとそのレンズの最高の描写が得られる。そんな定説も真っ向から否定して、ガンガン開放で使えちゃう描写力にオリンパスの凄みを感じます。F1.2シリーズは、他に45mmも持ってますが、どっちも素晴らしい。勢いで17mmも買っちゃうかもしれないと思うほど。 とにかく開放でのボケが好き。綺麗でなだらかなボケが楽しめて、おまけに寄れる。フルサイズのレンズにはない大きなアドバンテージですね。パソコンに取り込んで画像を見るのが楽しくなります。絞れば広角的に、開ければ望遠的に、カメラの教科書的な体験が出来ます。マイクロフォーサーズは、絞りにかかわらずボケの量に変化が乏しくて表現に限界があると言われます。その通りなんですが、このレンズを使ってる限りは当てはまらないですね。オリンパスはズームレンズの描写が素晴らしいと言われますが、単焦点も相当良いです。大きさと重さも、これくらいが使いやすいと思うしね。 マイクロフォーサーズやっぱいいな。

みまつ ひろゆき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする