視力検査

 先日、健康診断で視力検査をした。なんと右左とも1.5でした。「c」の空いてる部分がなんとなく見える。乱視なので大きな「C」でもくっきりは見えていない。隙間がありそうだと思う部分を、上とか右とか言ってたら、こうなった。毎年毎年、ジェットコースター並に視力が変わります。ある時は0.3になったこともあります。この時は外れまくったんです。乱視用のメガネは持ってます。サッカー観戦や映画館で使う程度で、普段はメガネは使ってません。本読む時は老眼鏡もといリーディンググラスをかけます。目でモノを見る視力はあるんだろうと思います。乱視は目の周りの筋力が衰えて球体が楕円になってしまうのでピントを合わせる力がないだけ。目にギュッと力を入れるとくっきりと見える瞬間があるので多分間違いないかなと勝手に思ってます。医学的な根拠は知りませんが・・。日によって見え方が違うのは疲れからかなぁ・・・。

 視力検査しながらふと思ったんです。乱視の僕が見ている見え方と、他の人の見え方は、多分違うということ。カメラのレンズのように取っ替ることが出来ないので、他の人がどう見えているのか?は想像するしかありませんが。モネの目とか、ピカソの目とか、岡本太郎とか、どんな風に見えているのか?すごく気になってきました。
同じカメラ、同じレンズをつけていても、同じ見え方をしているとは限らない。でもモノを見る最初の入り口が違うということは、きっとその後の捉え方も変わるんだと思います。

 百人いれば百通りの見え方がある。そう思うと同じだということよりも、違うという事の方がむしろ自然に思えてくるんですね。違うことを個性と捉えて認められる。そしてそれを楽しめる文化や環境がある世界は、きっと楽しいだろうね。

みまつ ひろゆき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする