GR2修理費用に愕然

リコーのGR2を診てもらった。リコーイメージングスクェア大阪は、週替わりのギャラリーをランチのついでに見に行けるほど身近な場所にあります。

症状を係の人に伝えると、ふむふむとよくある現象のような素振り。
「速攻で治しときました」
と言われれることを期待しつつ5分後。


「シャッターユニットの交換になり、修理費用は高額になります」
申し訳なさそうに費用は片手くらいという情報を伝えてくれました。修理代の倍額ちょいで新しいGR3はどうかと商売人らしい気配りとともに。

いやいや10万を軽く超える遊びの道具を、はいそうですねと即決出来るほど度胸も小遣いもない。それに欲しいカメラが他にもある、リコー製ではないけど・・。

動揺している心の中を見透かされたように
「下取りするとこれくらいです」
とニッコリ提示された金額。

・ショールームでカメラが買えること
・下取りありとはいえ量販店やら、価格.comの最安値よりも随分安い値段

仕事の道具ならば、即決してたと思う。
ただ今んとこGR2は遊びの道具。これがないと仕事が出来ない訳ではない。
ここは、頭を冷やして考えることに。

そういえば除湿庫に一台、遊びに使えるカメラが眠っていることを思い出した。
そのうち、新しいGRを買うと思うんだけど、GRが無い生活を初めてみることにしたというオチでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする