LUMIX S1Rの使い心地が素晴らしすぎる

軽いは正義という考えからマイクロフォーサーズを好んで使ってるんですが、軽さとは真逆なLマウントのLUMIXのS1Rを一年前から導入して作品撮りに使ってます。LUMIXのプロサービスにも加入し、機器購入やレンタル、それにクリーニングやら点検と特典を存分に活用させてもらってます。この重量級のカメラですが、一週間ほど借りて使って画質と使い勝手の良さが重いというネガな部分を上回ってしまい、即決で購入を決めてました。カバンに入れてると間違いなく重いです。レンズも重量級だし。ただ撮影中その重さを感じないどころか、重さからくる安心感を感じることが多くて、手放せないメインカメラになってしまいました。一年間使ってみても使い心地の良さは変わることなく、むしろ良くなってくる。大きさからくる物理的な余裕もあってボタンの配置や種類に迷いがなく、掴んだ瞬間から手に馴染むというのも良い。メニューの使いやすさは、どのカメラメーカーのモノよりも分かりやすいと思う。これは家電メーカーならではだと思う部分。ソニーは論外。オリンパスは、まぁ許せる。パナソニックは、やるじゃん。そんな感じですね。このカメラ、ミラーレスの中では群を抜いてシャッター音が良い。無駄にシャッター切ってる気がします・・。

ダメな部分も当然あります。それはまたの機会に書きますかね。

マーケットへの訴求力の無さか、販促の下手さなのか、パナソニックは、ほんとに宣伝が下手。なかなか販売に苦戦してるのが、とってももったいないと思います。良いカメラですよ、これは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする