写真展に展示してみたら面白かった

場所は京都・同時代ギャラリー。大型のギャラリーでグループ展の中の一人という出展。主催者の計らいもあって展示の目玉という場所に、私の写真作品が展示されました。展示は一週間。せっかくの機会なのでアーティスト気分を楽しもうと木曜日~日曜日の4日間、ほぼ張り付きで在廊してみました。

コロナの影響で、来場者が密にならないようにという配慮はあったものの、かなりの人に見てもらえたと思います。
 在廊してみて感じたのは自分の写真を通じて、来場者の方と話が出来ることが、これほど面白いとは思いませんでした。遠目で話してる内容を聞いたり、反応を見るのも楽しかったです。結構、話しかけられるのも以外でした。そういうオーラを出していたのかもしれませんが・・。
アート系の作品は、なかなか判断が難しいんだけど、思ったままの意見をもらえるのは、楽しかったですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


 小説「夢をかなえるゾウ」の最後の課題として「応募する」というのがあったような。靴を磨くとか、トイレを掃除するとか、そういう具体的な行動を示しながら夢を叶えていくという小説です。世間に評価される場に出てみるということ。そうすることによって、事件が起こり、それが起爆剤となり夢をかなえられるというような内容だったと記憶してます。 で、なんとなんとです。

展示をしてみたことで、ギャラリーから声がかかって、なんと来年3月に個展を開催することが決定。人生なにがあるかわからないものです。

みまつ ひろゆき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする