TOPGUN MAVERICK

ケニーロギンスの主題歌が印象的で、なんどなんども見た前作のトップガンは1986年、36年前なんですね。
トムクルーズが、そのままの役で登場。これだけ時間が経過しても本気の続編を作っちゃったことは偉業ですね。昔のレジェンドが集まる野球やサッカーの試合は、余興的な要素が強く、見る側も体力的な衰えを受け入れて見てると思うんです。でも、この映画に、その匂いは微塵もない。正当な続編として凄まじくよかったです。劇場の、それも前方側で観たおかげで視界全部がスクリーン。これがよかった。凄まじい迫力は、酸欠やら押しつぶされる重力を疑似体験してる感覚になって、観てて疲れを感じたくらい・・。導入部分は、前作そのままのイメージで主題歌まで揃えてきたのも、鳥肌もんでした。それに最初から最後まで、ずっとトップガンだったし。空撮のシーンは、前作以上に素晴らしい。これは戦闘機が主役ではあるんだけれど、バイクや車の使われ方が、ほんといい。KAWASAKIのバイク、欲しくなります。前作に登場してたメグライアンやケリーマクギリスは、出演してなかったけれど、そんなこと大した問題じゃないと思えるほど、すごい作品でした。見終わった後、ほとんど買わないパンフレットを買っちゃうくらい満足。

前作知らずに観ても楽しめると思いますが、知ってると楽しみは倍増です。
是非とも劇場の大スクリーンで観てほしい映画ですね。

劇場で見た後、自宅で、前作を見てしまった。
36年も前に撮られた作品とは思えないグレードに、ただただびっくりでした。

いや大満足な一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする