初めてのメルカリ

初めてメルカリでレンズを売ってみたら、とても簡単。10%の販売手数料は取られるけれどガイドもしっかりしていて、至れり尽せり。
 カメラ本体は、新品で買います。カメラは消耗品だと思っていて不安に駆られながら使いたくないので、安心を買って使い倒す。レンズも基本は新品購入。ただ手に入らない製品は中古を買うこともありますが保証付が基本。 保証がつかないフリーマーケットでカメラを買うことには抵抗はあるし、おそらくこれからも買わないと思います。ただ売るとなると話は違う。買われる方が、それで納得しているなら成立すると思ってますから。売る側になった時に、買われた方が喜んでもらえるように、嘘はつかない。過剰な宣伝はしないということですかね。個人売買とはいえ信用商売でもありますから。


 今回、使わなくなったズームレンズを2本売ってみました。自分なりにメンテナンスはしているし防湿庫で保管していたので、それなりに良質なモノだと思います。ただアウトドアでの利用が多いので、それなりに使用感はあります。小さな擦り傷もきちんと写真で公開したのも買われる方の不安を解消してあげようと考えてのこと。
 値段は、中古の販売価格よりは低め、ただし量販店での買取価格よりは高め。お互いがWIN-WINを感じられる値付けにしてみました。
写真を撮って、メルカリの登録をして、出品。2、3時間の間にコメントが付き。値下げの相談があったり。一本はその日のうちに売れました。もう一本も、二日目に、あっさりと買い手がつき売れました。
 売ることを考えていないので、カメラやレンズは買ったその日に元箱を捨てます。ですから元箱やら付属品の類は、ほぼ無し。でも売れました。売れた後に、同一品を見ていると安いのに売れてない商品もチラホラ。違いはすぐにわかりました。

写真です。

今回撮った商品写真は、凝ったことはしてないです。人工的なライティングはしてません。大きな窓際に商品を置いて、朝の光を使って、ささっと撮りました。本気で商品撮影するならば、時間をかけてちゃんとやりますが、過剰な写真は、逆に不安になるかなと思って。
「メルカリ、売れる商品写真の撮り方」こんなテーマ知りたい人も多いんでしょうかね。

配送も簡単でした。商品を郵便局へ持って行って所定のQRコード読み込むと、宛名シールが出てくる。あとは郵便局の方がやってくれる。面倒なことは、一切いらない。
メルカリ、恐るべしでした。

みまつ ひろゆき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする