新聞記者

映画「新聞記者」、映画「i-新聞記者ドキュメント」。新書「新聞記者」一気に見て読んでみました。東京新聞の新聞記者、望月衣沙塑子さんそのまんまを描いた作品。ジャーナリストを真っ正直に活動する行動派。こういう人は日本では生きにくいだろうなとは思います。忖度する。流れに乗る。空気を読む。多数派や力のある人に迎合する。望月さんは全く当てはまらない。ただ強く行動的な人ではあるけれど、望月さん著の新書では、悩んでいる心の内も書き記されて、人間臭い人だともわかります。ちゃんと周りの事が見えていて、その上でジャーナリストとしての自身の役割を全うしている、そんな印象を持ちました。 ジャーナリストを目指す人はぜひ見て読んで欲しいですね。この二本の映画を制作発表した時期を知れば、この映画がいかにすごい事なのかが解ります。

みまつ ひろゆき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする