太陽の蓋

映画です
3.11 福島の原発にまつわる映画です。短縮バージョンがあるみたいだけど、WOWOWでやってた130分版を鑑賞。
 FUKUSHIMA50が、現場目線に対して、これは官邸の記者目線でもある。当時の総裁だった菅さんへの風当たりは相当強かった。けれどここでは、それなりに頑張っているように描かれている。東電の本店の人達のダメダメっぷりは、この映画でも同様にあぶり出されていたので、実際もそうなんだろうと思いました。

 記者が秘書官に対して発した言葉
「情報があったら何か出来たんですか?」
この言葉が、全てを語っているように感じた。

できれば、東電の本店目線で、描かれた映画を見たいと思う。

良い映画です。

みまつ ひろゆき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする