あの人の読書案内

 新聞や雑誌に本の紹介記事があると、だいたい読んで気になる本はメモ。本の特集がある雑誌は自然と財布が緩くなって買ってしまいます。最近買った本を紹介している雑誌を斜め読みしてると、先日展覧会を見た写真家の石内都さんが本を紹介されてました。

大きな書店も良いけど、本屋さんではない雑貨屋さんの書籍コーナーも好き。売りたいと思う究極の本がセレクトしてある。セレクトした方のセンスや好きなものを想像するのも楽しい。過去に、これは自分の本棚ではないかと思うほど、僕の好きな書籍で固められた雑貨屋さんがありました。いつか、お店の人と話してみたいなと思っていると、お店が棚卸し後にセレクトされる方が変わってしまったのか? 本のセレクトの感じが変わってしまい、少し残念に思ったことがありました。今でもたまにそのお店に覗きに行くけれど、また印象が違う。まぁそれも楽しいんですが。この雑誌は、そんな小さな小さな本屋のセレクトショップを覗き見る感覚があって、とても楽しい。写真家の本棚を紹介する特集があれば・・多分、いや確実に手に入れると思います。

みまつ ひろゆき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする